【消費者金融|金貸しのいろいろ】

銀行以外の一般向け貸金業の主流

プロミス、アコムなどに代表される消費者金融。

 

今はずいぶん上品になっていますが、かつては悪質な業者も多く、幾多の借金地獄を生み出して社会問題化しました。

 

個人向け高利貸しの代表選手である消費者金融についてまとめました。

 

借金地獄を解決できる弁護士はコチラ

 

消費者金融とは?

(事業者でなく)個人を対象にした高金利の無担保貸金業者です。

 

テレビCMをやっている全国展開の大企業は、プロミス、アコム、レイク、アイフル、モビット、ノーローンなど。

 

これ以外に地方に根を下ろした中小の消費者金融が多数あります。

 

消費者金融の歴史

 

先駆者

消費者金融の起源は1930年の日本昼夜銀行の小口無担保融資だという説があります。

 

先駆的なサービスだったのは事実ですが、日本が太平洋戦争に突入していく中で消えました。

 

戦中・戦後の長い期間にわたって個人向け無担保金融は存在していません。

 

現代の消費者金融が日本昼夜銀行のDNAを引き継いでいると言えるのか疑問です。

 

サラ金の誕生

現代の消費者金融の直系の祖先が登場したのは1950年代後半から60年代にかけての高度成長期です。

 

日本は戦後の混乱期を抜けて大量生産・大量消費の時代に入りました。

 

人々は三種の神器(白黒テレビ・冷蔵庫・洗濯機)のある物質的に豊かな生活を求め、そこに強い現金需要が生まれました。

 

こうした時代、1956年(昭和31年)に日本信販の「チェーン・クレジット」(現在は銀行に買収されて三菱UFJニコス)が生まれました。

 

日本信販は1951年創業、日本の信用販売(後払いや分割払い)のパイオニアで、信販が消費者金融の源流のひとつだとわかります。

 

 

 

それゆえ団地に住む中流階級のサラリーマン家庭には強い資金需要があり、これをターゲットにした団地金融というものが生まれました。

 

かつてサラ金大企業だった武富士は、1966年に団地金融の富士商事として創業しました。(武富士はすでに倒産しています。)

 

団地金融は消費者金融の源流のひとつです。

 

団地金融は勤人信用貸(つとめにんしんようがし)とも呼ばれましたが、これは意味的には「サラリーマン金融」と同じです。

 

新しく生まれた金融マーケットに、今日の代表的な消費者金融の前身となる企業が続々と参入してきました。

 

  • 三洋商事(のちに三洋信販としてポケットバンク、アットローンを展開、その後プロミスに吸収された)
  • 関西金融(現プロミス)

 

 

 

さて、戦後しばらくは個人向けの金融サービスがほとんどなく、質屋がその役割を果たしていました。

 

質屋からサラ金の流れに乗ったのがアコムです。(1936年呉服店として創業、1948年質業開始、1960年サラ金開始、1978年アコム設立)

 

要約すれば、日本の消費者金融は、高度成長期に生まれた個人金融の需要に、団地金融、信販、質屋など複数の源流が流れ込んで誕生したといえます。

 

最初の社会問題化

当初はサラリーマンが主たる顧客だったので、サラリーマン金融、略してサラ金ともよく呼ばれました。

 

街中にオフィスがあるので街金という呼称もサラ金に次いでポピュラーでした。

 

1970年頃からテレビCMをやるようになり、急速に普及していきます。

 

その一方で1970年代後半から80年代初頭にかけてサラ金問題、サラ金地獄が社会問題化します。

 

過剰融資、高金利、過酷な取り立てで生活を破壊されて借金地獄に堕ちる人が続出しました。

 

バブル経済

しかし、1985年のプラザ合意における円高ドル安容認をきっかけに、日本は1986年からバブル景気に突入。

 

人々の収入は増加してサラ金問題も緩和、簡単に金を借りられる時代になってサラ金業界もますます発展します。

 

顧客はサラリーマンだけでなく、女性(OL・主婦)や自営業者にも拡大し、サラ金より消費者金融という呼称の方がしっくりするようになりました。

 

業界としてもネガティブなイメージのあるサラ金・街金より、消費者金融という呼称を普及させるように努めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1967年(昭和42年)には日本ダイナースクラブがクレジットカードによるキャッシングサービスを開始しました。

 

日本ダイナースクラブは日本交通公社(現JTB)と富士銀行(現みずほ銀行)が共同で作った日本最初のクレジットカード会社です。

 

その後、銀行などもカードローンやキャッシングのサービスを始めます。

 

時代を追うにつれ、クレジットカードや銀行など、より格式の高い金融業者も類似のサービスに算入する例が増えていったといえます。

 

 

 

 

かつてはサラリーマン金融、略してサラ金とも呼ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

借金地獄を解決できる弁護士はコチラ