【借金地獄からの復活マニュアル|多重債務からの脱出と再生のヒント集】

このサイトについて

借金地獄に落ちた人のための救済情報です。

 

多重債務からの脱出と生活再建のヒントになる有用な情報を紹介しています。

 

諦めずに復活を目指してください。

 

借金整理におすすめの法律家はコチラ

 

借金地獄のイメージ

【絶望をやめて冷静に解決策を探ろう】

ヤミ金借り入れの有無

まず、借りている相手が銀行や消費者金融の範囲か、闇金にまで手を出しているかが問題です。

 

闇金に手を出している場合は、最初にこれを止めなければなりません。

 

闇金は違法行為であり、ほかの合法的な債務とはまったく意味が違うのです。

 

放置すると猛スピードであなたの生活を破壊し、周囲の信用を喪失して、社会的に孤立することになります。

 

他の救済措置も効かなくなります。

 

例えば、法律家が請け負う「債務整理」という借金を減らす手続きがあります。

 

しかし、それは銀行や消費者金融など合法的な貸金業者相手の措置。

 

闇金の解決策はまた別なのです。

 

ほとんどの弁護士・司法書士は闇金NGで、闇金と取引があると債務整理を依頼しても断られます。

 

闇金対策を請け負う法律家は限られているので、ご注意ください。

 

当サイトでは、闇金解決専門、および債務整理と闇金解決の両方ができる法律家も紹介しています。

 

闇金とは何か?

まず、「自分が借りている先が闇金かどうかわからない」というという人も多いので、そこから話を始めましょう。

 

アコムやプロミス、アイフル、レイクなどは合法的な消費者金融であって、ヤミ金融ではありません。

 

昔は彼らも「グレーゾーン金利」という違法な高金利を取っていました。

 

「違法だが特に罰則がない高金利の範囲」が存在した時代があったのです。

 

しかし、2006年の貸金業法改正で「グレーゾーン金利」は廃止され、それ以降、彼らは利息制限法を守っています。

 

闇金とは、銀行や消費者金融とはケタ違いの違法な高金利を取る貸金業法無登録業者です。

 

合法的な消費者金融と似た社名(例えばアイク)のものも多く、紛らわしいのですが、金利をチェックすればすぐ区別がつきます。

 

まずは、合法的な金利の範囲を知りましょう。

 

現在の利息制限法の定める上限金利
元本10万円未満 元本10万円〜100万円未満 元本100万円以上
年利20%以下 年利18%以下 年利15%以下

 

さて、闇金の金利は利息制限法の上限をはるかに上回ります。

 

合法上限の2割や3割増しじゃなくて、2倍3倍でもない。

 

10倍、50倍、100倍、200倍といった滅茶苦茶な金利なのです。

 

自分が借りている金利が下記のようなものでないか、チェックしてみてください。

 

該当すれば、それは間違いなく闇金です。

 

闇金の違法な高金利
金利の通称 意味 年利換算
トイチ 10日で1割 10%÷10日×365日=365%
トサン 10日で3割 30%÷10日×365日=1,095%
トゴ 10日で5割 50%÷10日×365日=1,825%
シューバイ 1週間で2倍(=10割) 100%÷7日×365日=5,214%
シューニ 1週間で2割 20%÷7日×365日=1,043%
ヒイチ 1日1割 10%×365日=3,650%

 

マンガ・テレビの「ミナミの帝王」の金利がトイチなので、一応表に入れましたが、今時トイチの闇金などいません。

 

現在の相場はトゴで、「闇金ウシジマくん」の金利もトゴです。

 

最近は、取り立ての方法を少しソフトにして、警察や弁護士に駆け込まれるのを防ぐ「ソフト闇金」も登場していますが、彼らの相場はトサンとシューニです。

 

トゴよりはましですが、それでもとんでもない高金利であることが上の表で分かると思います。

 

このように、闇金の金利は到底返済不可能なレベルに設定されています。

 

これは「融資」ではなく、「犯罪」なのです。

 

「借りたものは返すのが当たり前」という道徳の対象外です。

 

完済して縁を切ろうとしても、あの手この手で完済を妨害してきます。

 

「返済して解決する」という考えを捨てて、「法律で止める」という考えに切り替えてください。

 

現代の闇金の実態

「闇金ウシジマくん」は店舗を構えていますが、あれは10年以上昔の話です。

 

今は店舗を持つ闇金は皆無で、違法に入手した他人名義の携帯電話と他人名義の銀行口座だけで商売をしています。

 

少しでも怪しまれたら、電話や口座を別のものに変えるので、彼らの居場所をつかむのは至難の業です。

 

居場所がわからないので、事件が起きていない段階で警察に行っても、実際には何もしてもらえないことがほとんどです。

 

「50万円即融資OK」といった触れ込みで集客しますが、実際に借りようとすると「初めての方はまず少額から信用をつけて」と言って、わずか数万円しか貸しません。

 

しかも利息と手数料を天引きするので、実際に渡される金額は微々たる額です。

 

このわずか数万円の貸付を上記のような暴利で、短期間に何十万円から百万円を超える金額に膨らませます。

 

また、同一グループの複数業者で貸し付けて元金を膨らませるのが常套手段です。

 

例えば、あなたが3社の闇金と取引がある場合、社名と担当者が違うだけで同じグループの連中である可能性が高いのです。

 

さて、返済が滞ると彼らは激しい取り立てを始めます。

 

昼夜を問わない電話での脅迫をはじめ、勝手に出前を頼んだり、救急車を呼ぶといった嫌がらせをします。

 

借り手当人だけでなく、勤務先・親・友人知人にも取り立てや嫌がらせを行います。

 

しかし、取締りが厳しくなっているため、以前のように家に押しかけて来ることは減っています。

 

闇金の解決方法

闇金から借りた金は、法律上は「債務」ではなく「不法原因給付」として扱われます。

 

つまり闇金からの借入は、法的には「借金」ですらないのです。

 

2008年の最高裁判決で、金利はもちろん元金も返済の必要なしと結論が出ています。

 

彼らを止めるには、闇金に対応できる法律家(弁護士、司法書士)に頼むだけでいいのです。

 

法律家が連絡を入れるとウソのように取り立てが止まります。

 

なぜ、法律家が出てくるだけで、闇金はあっさり手を引くのか?

 

理由は2つあります。

 

闇金があっさり手を引く理由
  1. 闇金の取締りが厳しくなっており、末端組織に逮捕者が出たり、上部組織に捜査が及ぶのを恐れている
  2. 大変な高金利なので、弁護士に駆け込まれる頃にはとっくに元は取れている

 

法律家が介入してきたややこしい客を深追いするより、素直な別のカモを追いかけた方が得だと判断するからなのです。

 

このように、闇金被害の解決は簡単なことなので、闇金から借りてしまっている人はまずこの問題を解決してください。

 

ただし、裏社会との交渉に慣れていて、闇金業界に名の通っている先生でないと、逆に脅されてしまう場合もあります。

 

経験豊かでちゃんと処理できる先生に頼みましょう。

 

闇金も対応できる法律家はコチラ

 

「もう闇金しかない」と思いかけている人へ

ここまでの説明でおわかりいただけたでしょう?

 

闇金は一時しのぎになるどころか、あなたの借金問題にとどめを刺すことになります。

 

まだ手を出していない人は決して連絡を取らないように。

 

銀行口座を教えた時点でアウトです。

 

彼らは勝手に振り込んできて「融資を頼まれたから振り込んだ」と主張します。

 

これを「押し貸し」と言います。

 

ここから長い地獄の日々が始まってしまいます。

 

闇金に借りるしかないくらい追い詰められている人も、それは思いとどまってください。

 

そのかわりにこのページの下部に他の脱出アイデアがないか、探してみてください。

過払い金のチェック

ここから先は、闇金との取引はない(または解決済)という前提で話を進めます。

 

次にしてほしいことは過払い金のチェックです。

 

テレビCMで耳にしたことがあると思いますが、過払い金とは払いすぎた利息のことです。

 

もし過払い金が発生していれば、あなたの借金問題は大きく好転する可能性があります。

 

過払い金の試算を頼める法律家はコチラ

 

利息を制限する2つの法律

過払い金とは「払いすぎた利息」のことなのですが、どういう状況で「利息を払いすぎる」といった事態が起きるのでしょうか?

 

これを理解するために、まず利息を制限する法律を知りましょう。

 

滅茶苦茶な高金利で借り手が苦しめられないように、利息は法律で上限が決められています。

 

利息を制限する法律は、利息制限法出資法の2つがあります。

 

利息制限法が定める上限より、出資法が定める上限の方が高いです。

 

出資法の上限を超える金利を取ると刑事罰(罰金および懲役)があります。

 

では、利息制限法の上限は超えているが、出資法の上限未満の利息はどうなのか?

 

今は行政罰(業務停止や免許取消など)が下ります。

 

グレーゾーン金利

しかし、かつてこの範囲の利息に特に罰則のない時代がありました。

 

利息制限法の上限以上、出資法の上限未満の金利は「違法ではあるが、罰則はない」状態だったのです。

 

この範囲の利息はグレーゾーン金利と呼ばれました。

 

当時、サラ金・街金(今でいう消費者金融)はこのグレーゾーン金利で荒稼ぎをし、多くの債務者が借金地獄に転落しました。

 

現在、利息制限法の上限を超えた支払利息は過去に遡って返還を求めることが認められています。

 

昔、違法に払いすぎた利息は、先方から自主的に返す義務はないが、借り手が望むなら返してもらえるようになった。

 

これが過払い金です。

 

グレーゾーン金利は2006年の貸金業法改正の時になくなっています。

 

利息上限法の上限と出資法の上限の中間ゾーンは狭くなり、行政罰が課されるようになりました。

 

だから過払い金が発生している可能性があるのは、2006年以前に消費者金融を利用していたことがある人だけです。

 

過払い金による債務の減少例

過払い金を差し引くと、あなたの借金は思っているよりはるかに小さい可能性があります。

 

それどころか、返済はすでに終わっていた上に、多額の現金が返ってきたケースも多いです。

 

300万円の借金がある場合

ここに300万円の借金を抱えた人がいるとします。

 

彼の収入では返済は無理で「もう自己破産しかない」とあきらめかけています。

 

しかし、法律家に頼んで過払い金を調べてもらえば、この状況は変わるかもしれません。

 

例1)過払い金が100万円あった場合 残債=300−100=200万円
例2)過払い金が250万円あった場合 残債=300−250=50万円
例3)過払い金が320万円あった場合 残債=300−320=▲20万円

 

例1のような状況になれば、「任意整理」という自己破産より傷が浅い債務整理方法が使えるかもしれません。

 

例2の状況になれば、債務整理などしなくても普通に返済していけるのではないでしょうか。

 

例3の状況になれば、300万円の借金は完済で、さらに20万円現金が返ってきます。

 

つまり、突如として借金地獄は解消です。

 

過払い金チェックは簡単!

このように過払い金は状況を大きく好転させる可能性があるので、ぜひ真っ先に調べてください。

 

過払い金を実際に請求するには法律家(弁護士や司法書士)に依頼する必要があります。

 

しかし、過払い金がありそうかなさそうかくらいは無料ですぐ調べてくれるところがたくさんあります。

 

ぜひ相談してみてください。

 

過払い金の試算を頼める法律家はコチラ

 

借金地獄のイメージ2

【返済のために借りるのはもうヤメだ】

返済計画の立て直し

過払い金を引いたら正味の借金総額が判明します。

 

まずは普通に返済する計画は立てられないか、検討します。

 

法律家に頼んで債務整理をするのは、普通に返済するのが無理と分かった時の最後の手段です。

 

なぜなら、それをやればあなたの信用も低下し、しばらくお金が借りられなくなるなどの不都合が発生するからです。

 

借金整理におすすめの法律家はコチラ

 

借入状況・収入・支出の把握

最初にすべきことは、基本情報の整理です。

 

借金地獄に堕ちる人は自分の支出を把握できていないことが多いので、しばらく家計簿をつけてみることをお勧めします。

 

  1. 借り入れ先・借入額・月々の返済額
  2. 月々の収入
  3. 生活費などの月々の支出内容
  4. 返済に充てられる月々の金額

 

やりくりの工夫

次に下記の4つのアプローチを組み合わせて、返済計画が成り立つようにできないか考えてみましょう。

 

  1. 収入を増やせないか?
  2. 出費を減らせないか?
  3. 換金して返済に使える資産はないか?
  4. 月々の返済額を減らせないか?

 

1.収入を増やせないか?

副業で収入を増やすことはできませんか?

 

あるいは奥さんにも仕事をしてもらうことは?

 

2.出費を減らせないか?

家賃の低い場所に引っ越すことは無理ですか?

 

車を手放せば、維持費を浮かせられます。

 

お金のかかる趣味をしばらく封印しては?

 

毎日コンビニに寄って、どうでもいいようなものを買う出費も1カ月分だとかなりの金額になります。

 

3.換金して返済に使える資産はないか?

車やバイクは筆頭であり、維持費の出費を減らす効果もあります。

 

ブランド品もいったん手放してみては?

 

本やCDはアマゾンで売れますし、服や家電など色々な物がメルカリなどで換金できます。

 

4.月々の返済額を減らせないか?

借り入れ先を1社にまとめることができれば、月々の返済額は減らせる可能性があります。

 

債務整理を弁護士に相談

【あなたを助けてくれるのは法律家】

 

債務整理

返済計画の立て直しを試みたが、いくら考えても成り立たない。とうてい返しきれない。

 

そういう場合はいよいよ債務整理です。

 

債務整理の無料相談はコチラ

 

債務整理とは?

合法的に今後の利子を免除してもらったり、借金の額そのものを減らしてもらうこと。

 

実行には、弁護士・司法書士などの法律家に手続きをお願いします。

 

お金を貸してくれた人に迷惑をかけることですから、あなたも一定の犠牲を払う必要があります。

 

法律家に支払う費用を負担せねばなりませんし、あなたの信用度も低下します。

 

金融業者が共有するデータベースに、あなたが債務整理をしたことが記録されます。

 

いわゆるブラックリストに載った状態になります。

 

今後何年かはクレジットカードも作れないし、ローンも組めません。

 

しかし、今の地獄が続くことと比べれば、この程度の犠牲はごく軽いはずです。

 

3種の債務整理方法

債務整理の方法は3つあります。

 

まず、一番ダメージが少ない「任意整理」から検討します。

 

「任意整理」で払いきれそうにないなら、「個人再生」か「自己破産」。

 

「個人再生」は返済額を大きく減らしてもらえる一方、持ち家を残せる可能性があります。

 

住宅ローンがたくさん残っている持ち家を残したい人などに有利です。

 

利点が多いが、認められる条件は厳しいです。

 

最後の手段が「自己破産」ですが、これとて一般に思われているほど悲惨なものではありません。

 

任意整理
  • 今後は利子を払わず、元金だけを3年程度の分割払いで返済する
  • 定収入があり、元金だけなら返済できる程度の負債額の人に向く
  • 完済後5年はブラックリストに載り、新たな借金やクレジットカード発行はできなくなる
  • しかし、周囲の人に知られることもまずなく、借金整理の中ではペナルティが一番軽い
  • 家や財産を取られることはない

 

個人再生
  • 任意整理と自己破産の中間的な整理方法
  • 利子カットだけでなく、元金も2割程度に減らしてもらい、それを3年程度の分割で返済する
  • 自己破産と違って、持ち家を手放さなくて済むことがある
  • 借り手に有利な処理方法だけに、簡単には許可されない
  • まず、定収入があることが前提で、かつ数か月指定の口座に貯金して、返済計画が実行可能であることを裁判所に証明することが求められる
  • 途中で返済が滞ると強制的に自己破産に移行させられる

 

自己破産
  • 利子をなくしても返済しきれないほどの借金の人はこれ
  • 利子・元金含めて、すべての返済が免除される
  • そのかわり、当面の生活に必要な程度の預金と身の回り品を除いて、持ち家・自家用車・預金などのすべての財産を没収される
  • また、10年ブラックリストに載り、新たな借金やクレジットカード発行はできなくなる
  • しかし、自己破産後に得たお金や資産はすべて自分のもの
  • 官報という政府の日刊紙に名前が出るが、それで周囲の人に知られることはまずない
  • 手続き中(半年〜1年半)は旅行の制限、職業制限があり、郵便物も管理される
  • 職業制限は弁護士、警備員、保険外交員など一部の職種だけで、ほとんどの人は関係ない
  • 戸籍や住民票に載る、選挙権がなくなる、運転免許を取り上げられるなどはデマ

 

上記3種以外に「特定調停」というものもありますが、調停の成立率がとても低く、あまり使われることはありません。

 

借金整理におすすめの法律家はコチラ

 

自己破産を避けるのが正解とは限らない

上記の債務整理方法の中で、自己破産は最終手段になります。

 

無理なく任意整理などの手段を選べるのなら、それに越したことはありません。

 

しかし、どんなに無理をしても自己破産をさけるべきかというと、そうではありません。

 

任意整理や個人再生は3年(〜5年)の返済期間があります。

 

この期間はひたすら節約に努めて返済するだけのかなりつらいものになります。

 

また、その間には収入の減少や予想外の出費が起こる可能性があります。

 

あまりに余裕のない返済計画だと、途中で再び返済不能に陥る危険があります。

 

個人再生を選択してそういう事態になった場合、法律で強制的に自己破産に移行させられます。

 

任意整理の場合はそういう決まりはありませんが、おそらく自己破産以外の選択肢は残されていないと思います。

 

そうなるとその時点まで返済したお金もやりくりの苦労も全部ムダになります。

 

再び法律家に頼むことになり、報酬と裁判所費用の支払いが生じます。

 

ブラックリストもその時点から新たに10年載ることになります。

 

こんなことになるぐらいなら、潔く自己破産した方がましです。

 

自己破産なら極度の節約を耐え忍ぶ返済期間はなく、すぐに借金から自由になれます。

 

その後に入ってくる収入は全部自分のものになり、生活再建が早くできます。

 

以上のように、3つの債務整理方法にはそれぞれ長所・短所があり、どれが絶対良いとは言い切れません。

 

あなたの置かれた状況を専門的見地から分析しないと最適の方法は選べないのです。

法律家への相談のすすめ

借金地獄から脱出するために必要な知識をざっと解説しました。

 

これ以上は素人が一人で悩んでいても進展がありません。

 

法律家(弁護士・司法書士)に相談すれば、ここまで述べたようなことを全部進めてくれます。

 

当サイトが紹介している事務所はみな相談は無料です。

 

一度話を聞いてみてはどうでしょうか?

 

借金整理におすすめの法律家はコチラ

 

法律家に頼むとどうなるのか?

法律家に頼んだ場合、何をしてくれるのか、その後はどういう流れになるのかを説明しましょう。

 

受任通知

債務整理の依頼を受けると、法律家は債権者に「受任通知」という手紙を出します。

 

「私がこの人の債務整理を引き受けましたよ」というお知らせです。

 

金融業者が受任通知を受け取った後に取り立てをするのは違法なので、取り立ては数日中に止まります。

 

依頼と同時に借入や返済もいったんストップし、しばらくはその状態が続きます。

 

債権調査・家計調査・財産調査

法律家はあなたの情報を調べて整理します。

 

債権調査とは、どこからいくら借りているかをまとめることです。

 

家計調査とは、あなたの収入と支出を調べて、返済用のお金を月々いくら用意できるか計算することです。

 

これを知るために、家計簿をつけることを求められることもあります。

 

個人再生や自己破産も視野に入っている場合は、財産調査もされます。

 

財産調査と言っても、調査方法は聞き取りなどで、家宅捜索みたいなことをするわけではありません。

 

ちなみに、法律家にとってあなたはお客さんであり、法律家はあなたの味方です。

 

「調査」といっても、警察の取り調べのような態度を取られたり、多重債務に陥ったことを叱られるようなことはありません。

 

利息の引き直し計算(=過払い金計算)

債権者から過去の取引履歴を取り寄せ、それをもとに過払い金を計算します。

 

過払い金があった場合、それを差し引いた正味の借金を算出します。

 

債務整理方法の選択

家計調査であなたの月々の返済力がわかりました。

 

過払い金差引後の正味の借金額もわかりました。

 

持ち家の有無をはじめ、あなたの色々な事情や希望も法律家は理解しました。

 

これらの情報をもとに、任意整理・個人再生・自己破産のどれが最適かを判断します。

 

法律家は理由も詳しく説明して、あなたの同意を得ます。

 

債務整理の開始

任意整理を選んだ場合、法律家は債権者との交渉に取り掛かります。これはあなたは関わる必要はありません。

 

個人再生や自己破産を選んだ場合は、裁判所に申し立てに行きます。

 

申立て書類は法律家が作成してくれますが、裁判所へはあなたも同行する必要があります。

 

法律家への報酬をどうやって払うのか?

法律家に頼んだ方がよさそうだと納得した人も、あと一歩が踏み出せないのは、報酬の支払いが心配だからでしょう。

 

返済地獄で生活費もままならないのに、どうやって弁護士費用を払えばいいのか?

 

しかし、まず弁護士に依頼すると返済をいったん全部止めることを思い出してください。

 

債務整理の準備作業だけで2〜3カ月かかり、その間は返済が止まっています。

 

任意整理なら交渉開始から1〜2カ月で返済が始まるので、合計3〜5カ月くらい返済が止まっている期間があります。

 

個人再生なら返済が始まるのは、早くて申立てから半年後。

 

自己破産なら、弁護士に依頼した後は返済は一切なしです。

 

このように返済が止まる期間がかなりあることで、弁護士・司法書士の報酬支払資金ができます。

 

また、債務整理を依頼するお客さんはお金がないこともよくわかっているので、法律事務所も分割払いに対応しています。

 

お金のことは何とかなるはずです。

 

税金や社会保険料は永久に消えない

最後にとても大事なことをお教えします。

 

それは、税金や国民健康保険、国民年金、交通違反の罰金などは決してなくならないということです。

 

どの債務整理方法をとっても、これらのお金は減額や免除が受けられません。

 

自己破産して免責を受ければ、銀行や消費者金融の借金はゼロになりますが、これらの債務は全額残ります。

 

あなたは、取り立てのうるさい業者の返済を優先して、税金や社会保険料を滞納していませんか?

 

もしそうなら、優先順位を完全に間違えています。

 

もう完済はとても無理とはっきりしているなら、これ以上の返済はムダでしかないのです。

 

一刻も早く法律家に債務整理を依頼し、返済をやめて、滞納している税金や社会保険料を1円でも減らすべきなのです。

 

借金整理におすすめの法律家はコチラ

無料シミュレーターコーナー

法律家と話すことに抵抗がある人、まだ相談の段階ではなくてどんな感じになりそうか、感触だけ知りたい人。

 

債務整理の無料シミュレーターを使ってみてはいかかでしょうか?

 

提供元が確実で安全なシミュレーターだけを集めました。

 

提供元: 東京ミネルヴァ法律事務所

債務整理無料シミュレーターボタン1

 

 

東京の新橋に事務所を置く、債務整理に強い弁護士法人が提供しているものです。

 

代表弁護士 川島浩(第一東京弁護士会 弁護士登録番号43058)

 

提供元: アルスタ司法書士事務所

アルスタ司法書士事務所のシミュレーターボタン

 

大阪市の中心部に事務所を置く、債務整理に強い司法書士事務所が提供しているものです。

 

大塚勇輝 大阪司法書士会会員 簡裁認定司法書士
野間知洋 大阪司法書士会会員 簡裁認定司法書士

 

おすすめの弁護士&司法書士事務所

債務整理に強く、無料で相談できる弁護士・司法書士事務所を集めました。

 

手持ち資金ゼロでも引き受けて、取り立てを止めてくれます。

 

過払い金の試算ももちろんやってくれます。

 

アヴァンス法務事務所

過払い金請求のテレビコマーシャルでよく知られている大手司法書士事務所です。

 

有名であることと、東京・大阪に事務所があることがポイントになって、アヴァンスさんを選ばれる方が非常に多いです。

 

厳密には司法書士は弁護士より業務範囲に制限があるのですが、アヴァンスさんでは特に問題も起きていないようです。

 

代表司法書士:姜 正幸 大阪司法書士会所属 第4065号

 

また、CMでも言っているように「何度でも無料相談が可能」です。

 

借金に追われていると頭がパニック状態で思考力も低下しているので、1回や2回で相談が済むことは稀です。

 

そして相談料を払う余裕などもちろんない。

 

だから「何度でも無料相談応」というのは、本当にありがたいです。

 

気軽に電話してみましょう!

 

アヴァンス法務事務所 債務整理プロモーション

 

365日24時間無料相談

フリーダイアル: 0120-546-481

 

アヴァンスの債務整理無料相談はコチラ

 

アヴァンスレディース

アヴァンス債務整理プログラムの女性専用版です。

 

すべて女性が対応してくれるので、男性には相談しにくいという方は是非ご利用ください。

 

アヴァンスレディース 債務整理プロモーション

 

365日24時間無料相談

フリーダイアル: 0120-546-486

 

アヴァンスレディース無料相談はコチラ

 

弁護士法人イストワール法律事務所

債務整理の世界で有名な弁護士事務所です。

 

相談無料で弁護士が対応し、全国対応してくれます。

 

任意整理、個人再生、自己破産・・・相談者の状況に応じて最適な債務整理方法を提案してくれます。

 

また、ヤミ金融に手を出してしまっている場合も対応できる点が他の法律事務所との違いです。

 

代表弁護士 多田 浩章 第二東京弁護士会所属 (登録番号:35986)

 

【債務整理】イストワール法律事務所

 

フリーダイアル: 0120-546-487

 

イストワール法律事務所・無料相談はコチラ

 

はたの法務事務所

 

司法書士キャリア34年のベテランで、債務整理のエキスパートです。

 

5つの約束を掲げて、依頼者のために親身にやってくれる人気事務所です。

 

はたの法務事務所の5つの約束
  1. お手持ちがなくても督促停止
  2. ご相談は完全無料
  3. 費用の分割払いもOK
  4. 全国どこでも無料相談OK
  5. 年中無休・24時間相談受付

 

事務所は東京ですが、全国の案件に対応してくれます。

 

まずは電話相談してみましょう!

 

電話相談(7:00-24:00 土日OK)
メール相談(24時間OK)
連絡先とサービスの詳細は下記にて

はたの法務事務所のサイトはコチラ