【法律家の力を借りて借金地獄脱出!|任意整理・個人再生・自己破産・闇金対策とおすすめの弁護士・司法書士】

借金整理の流れ

借金地獄に落ちた人のための救済情報です。

 

当サイトでは自力返済の工夫と、弁護士や司法書士による債務整理を紹介しています。

 

借金整理におすすめの法律家はコチラ

 

借金地獄のイメージ

【絶望をやめて冷静に解決策を探ろう】

 

ヤミ金借り入れの有無

まず、借りている相手が銀行や消費者金融の範囲か、闇金にまで手を出しているかが問題です。

 

闇金から取り立てられている場合は、まずこれを止めなければなりません。

 

闇金は違法行為であり、ほかの合法的な債務とはまったく意味が違うのです。

 

実は法的に返済の義務もありません。

 

解決には法律家の力を借りる必要があるのですが、ほとんどの弁護士・司法書士は闇金NGです。

 

闇金と取引があると債務整理を受任しません。

 

闇金対策を請け負う法律家は限られているので、ご注意ください。

 

闇金も対応できる法律家はコチラ

 

過払い金のチェック

ここから先は、闇金との取引はない前提で話を進めます。

 

次にしてほしいことは過払い金のチェックです。

 

過払い金とは払いすぎた利息のことです。

 

滅茶苦茶な高金利で借り手が苦しめられないように、利息は法律で上限が決められています。

 

利息を制限する法律は、利息制限法出資法の2つがあります。

 

利息制限法が定める上限より、出資法が定める上限の方が高いです。

 

出資法の上限を超える金利を取ると刑事罰があります。

 

では、利息制限法の上限は超えているが、出資法の上限未満の利息はどうなのか?

 

今は行政罰が下ります。

 

グレーゾーン金利

しかし、かつてこの範囲の利息に特に罰則のない時代がありました。

 

利息制限法の上限以上、出資法の上限未満の金利は「違法ではあるが、罰則はない」状態だったのです。

 

この範囲の利息はグレーゾーン金利と呼ばれました。

 

当時、サラ金・街金はこのグレーゾーン金利で荒稼ぎをし、多くの債務者が借金地獄に転落しました。

 

現在、利息制限法の上限を超えた支払利息は過去に遡って返還を求めることが認められています。

 

昔、違法に払いすぎた利息は、先方から自主的に返す義務はないが、借り手が望むなら返してもらえるようになった。

 

これが過払い金です。

 

過払い金を差し引くと、あなたの借金は思っているよりはるかに小さい可能性があります。

 

それどころか、返済はすでに終わっていた上に、多額の現金が返ってきたケースも多いです。

 

昔、消費者金融で高い金利で長期間借りていた人は、過払い金がある可能性があります。

 

無料で試算してくれる法律事務所も多いので、ぜひ相談してみましょう。

 

過払い金の試算を頼める法律家はコチラ

 

借金地獄のイメージ2

【返済のために借りるのはもうヤメだ】

 

返済計画の立て直し

過払い金を引いて債務総額が判明したら、まずは法的な債務整理せずに返済する計画は立てられないか、検討します。

 

最初にすべきことは、基本情報の整理です。

 

  1. 借り入れ先・借入額・月々の返済額
  2. 月々の収入
  3. 生活費などの月々の出費内容

 

次に下記の4つのアプローチを組み合わせて、何とかならないか考えてみましょう。

 

  1. 収入を増やせないか?
  2. 出費を減らせないか?
  3. 換金して返済に使える資産はないか?
  4. 月々の返済額を減らせないか?

 

1.収入を増やせないか?

副業で収入を増やすことはできませんか?

 

あるいは奥さんにも仕事をしてもらうことは?

 

2.出費を減らせないか?

家賃の低い場所に引っ越すことは無理ですか?

 

車を手放せば、維持費を浮かせられます。

 

お金のかかる趣味をしばらく封印しては?

 

毎日コンビニに寄って、どうでもいいようなものを買う出費も1カ月分だとかなりの金額になります。

 

3.換金して返済に使える資産はないか?

車やバイクは筆頭であり、維持費の出費を減らす効果もあります。

 

ブランド品もいったん手放してみては?

 

本やCDはアマゾンで売れますし、服や家電など色々な物がメルカリなどで換金できます。

 

4.月々の返済額を減らせないか?

借り入れ先を1社にまとめることができれば、月々の返済額は減らせる可能性があります。

 

債務整理を弁護士に相談

【あなたを助けてくれるのは法律家】

 

合法的に借金を減らす(債務整理)

上記のアプローチを試みたが、いくら考えても、返済計画が成り立たない。とうてい返しきれない。

 

そういう場合はいよいよ債務整理です。

 

債務整理とは?

合法的に今後の利子を免除してもらったり、借金の額そのものを減らしてもらうこと。

 

弁護士・司法書士などの法律家に手続きをお願いします。

 

債務整理の無料相談はコチラ

 

お金を貸してくれた人に迷惑をかけることですから、あなたも一定の犠牲を払う必要があります。

 

法律家に支払う費用を負担せねばなりませんし、あなたの信用度も低下します。

 

今後何年かはクレジットカードも作れないし、ローンも組めません。

 

しかし、今の地獄が続くことと比べれば、この程度の犠牲はごく軽いはずです。

 

3種の債務整理方法

債務整理の方法は3つあります。

 

まず、一番ダメージが少ない「任意整理」から検討します。

 

「任意整理」で払いきれそうにないなら、「個人再生」か「自己破産」。

 

「個人再生」は返済額を大きく減らしてもらえる一方、持ち家を残せる可能性があります。

 

住宅ローンがたくさん残っている持ち家を残したい人などに有利です。

 

利点が多いが、認められる条件は厳しいです。

 

最後の手段が「自己破産」ですが、これとて一般に思われているほど悲惨なものではありません。

 

任意整理
  • 受任時点以降の利子をなくして、元金だけを3年程度の分割払いで返済する
  • 定収入があり、元金だけなら返済できる程度の負債額の人に向く
  • 5年くらいブラックリストに載り、新たな借金やクレジットカード発行はできなくなる
  • しかし、周囲の人に知られることもまずなく、借金整理の中ではペナルティが一番軽い
  • 家や財産を取られることはない
個人再生
  • 任意整理と自己破産の中間的な整理方法
  • 利子だけでなく、元金も2割程度に減らしてもらい、それを3年程度の分割で返済する
  • 自己破産と違って、持ち家を手放さなくて済むことがある
  • 借り手に有利な処理方法だけに、簡単には許可されない
  • まず、定収入があることが前提で、かつ数か月指定の口座に貯金して、返済計画が実行可能であることを裁判所に証明することが求められる
  • ハードルが高いため、任意整理や自己破産に比べて件数はかなり少ない
自己破産
  • 利子をなくしても返済しきれないほどの借金の人はこれ
  • 利子・元金含めて、すべての返済が免除される
  • そのかわり、当面の生活に必要な程度の預金と身の回り品を除いて、持ち家・自家用車・預金などのすべての財産を没収される
  • しかし、自己破産後に得たお金や資産はすべて自分のもの
  • また、7年くらいブラックリストに載り、新たな借金やクレジットカード発行はできなくなる
  • 周囲の人に知られることはまずない

 

上記3種以外に「特定調停」というものもありますが、あまり使われることはありません。

 

 

 

一人で悩んでいても問題は解決しません。

 

相談だけなら無料ですから、まずアクションを起こしてみましょう!

 

おすすめの弁護士&司法書士事務所

債務整理に強く、無料で相談できる弁護士・司法書士事務所を集めました。

 

手持ち資金ゼロでも引き受けて、取り立てを止めてくれます。

 

過払い金の試算ももちろんやってくれます。

 

弁護士法人サンク総合法律事務所

債務整理の世界で知名度の高い樋口総合法律事務所が、法人化に伴い名称変更したものです。

 

  • 月600件以上の相談実績
  • 365日24時間 相談無料
  • 初期費用0円 分割払い対応

 

このように、現在手元にお金がないことを心配せずに相談できます。

 

事務所は東京都中央区八丁堀ですが、全国対応してくれます。

 

▼ココをクリック▼

サンク総合法律事務所

 

365日24時間 無料相談

フリーダイアル 0120-023-327

 

所属弁護士

代表弁護士: 樋口卓也 (東京弁護士会 第29906号)

 

学習院大卒で大学院で修士まで取られた先生です。

 

弁護士 淺海菜保子 (東京弁護士会 第44105号)

 

弁護士 今枝利光 (東京弁護士会 第52096号)

 

弁護士 町田麻美 (東京弁護士会 第39903号)

 

サンク総合法律事務所はコチラ

 

そうや法律事務所

経験5年目の若い弁護士2人が共同代表を務める新しい弁護士事務所です。

 

2人とも大手弁護士事務所で債務整理に特化した経験を積み、今後も債務整理に力を入れていこうとしています。

 

若い弁護士のいいところは、フットワークが軽く、行動力のあるところです。

 

これから伸びていきたいというフレッシュな情熱に溢れているので、依頼者のために全力を尽くしてくれます。

 

東京の事務所ですが、全国対応です。

 

▼ココをクリック▼

そうや法律事務所

 

365日24時間 無料相談

フリーダイアル 0120-040-223

 

所属弁護士

代表弁護士:松木勇作 (東京弁護士会 第47841号)

 

代表弁護士:町井敏亨 (東京弁護士会所属第47975号)

 

そうや法律事務所はコチラ

 

はたの法務事務所

 

司法書士キャリア34年のベテランで、債務整理のエキスパートです。

 

5つの約束を掲げて、依頼者のために親身にやってくれる人気事務所です。

 

はたの法務事務所の5つの約束
  1. お手持ちがなくても督促停止
  2. ご相談は完全無料
  3. 費用の分割払いもOK
  4. 全国どこでも無料相談OK
  5. 年中無休・24時間相談受付

 

事務所は東京ですが、全国の案件に対応してくれます。

 

まずは電話相談してみましょう!

 

電話相談(7:00-24:00 土日OK)
メール相談(24時間OK)
連絡先とサービスの詳細は下記にて

はたの法務事務所のサイトはコチラ

アヴァンス法務事務所

 

過払い金請求のテレビCMで有名な大手司法書士事務所です。

 

過払いがない案件も対応してくれます。

 

CMでも言っているように「何度でも無料相談が可能」です。

 

大阪と新宿に事務所があります。

 

アヴァンスの無料相談はコチラ