【任意整理|債務整理の方法】

一番傷の浅い債務整理方法

債務整理の方法の一つである任意整理について説明します。

 

債務整理におすすめの法律家はコチラ

 

任意整理の手順

まず、過払い金があるかどうか、利息の引き直し計算をします。

 

過払い金があった場合は、残債からマイナスします。

 

これだけで完済になったり、さらには払いすぎた利子のの返金まであることがあります。

 

次に過払い金を引いた元金だけを、今後は利息なしで、分割払いすることに債権者に同意してもらいます。

 

支払い期間は3年からせいぜい5年程度で、あまり長いのは認めてもらえません。

 

任意整理の何が任意なのか?

実は、債権者はこんな交渉に応じる義務はありません。

 

債権者は将来の利子を諦めねばならない義務はないのです。

 

義務はないが、これ以上粘っても元本・利子ともども払ってもらえる見込みはない。

 

元金だけでも返してもらう方が、自己破産や失踪をされて全額回収不能になるよりマシだ。

 

そう判断して債権者が任意で応じるから「任意整理」なのです。

 

逆に言うと、任意整理は強制力がありません。

 

成功させるには、経験豊かで交渉力のある法律家を選ぶ必要があります。

 

債務整理におすすめの法律家はコチラ

 

任意整理のメリット

周囲の人に知られることもないし、ペナルティは一番軽い方法だといえます。

 

持ち家や財産を取られることもありません。

 

自由度が高く、一部の債権者だけを任意整理することもできます。

 

任意整理のデメリット

今後5年間はクレジットカードも作れないし、ローンも組めなくなります。

 

信用度が低下したとして、新たな借り入れはできなくなるのです。

 

しかし、これはデメリットと捉えず、禊の期間と受け止めるべきだと考えます。

 

返済期間は我慢せねばならないことが多い、つらい時期になるでしょう。

 

任意整理適用の条件

第一に、安定収入があること。

 

第二に、利息をカットして元金だけなら3〜5年で返せる範囲の借入額であること。

 

この二つが条件になります。

 

無職やアルバイト、元金だけでも返しきれないほどの額などの場合は、任意整理は使えません。

 

債務整理におすすめの法律家はコチラ